離婚理由

離婚理由ランキング5位 浪費癖

離婚理由ランキング5位 浪費癖

↓↓↓離婚財産分与で家の売却価格を知りたい方はこちら↓↓↓

 

結婚して初めて知る相手の意外な一面もありますが、どうしても相手を受け入れられない理由がありそれが改善されない場合は、離婚に至る可能性もあります。
今は以前よりも離婚をあまり深刻に考えない傾向がありますが、生活を脅かすような原因がある場合は離婚も致し方ないのです。
数ある離婚原因の中でも浪費癖は厄介です。

 

結婚を決める理由としては相手を想う気持ちも大切ですが、価値観や金銭感覚はかなり重要です。
結婚するという事は生活を共にする事ですから、仕事をして得る収入がないと生活できません。
収入に関しては人により違いもありますが、収入に見合った生活をするのも結婚生活には欠かせない事です。
記念日にはいつもしない贅沢をするのもいい気分転換になりますが、浪費癖は結婚生活を脅かしかねません。

 

普通に考えて収入を元に、食費や光熱費などを割り振り、残りを貯金や保険などの支払いに回します。
中にはこれだけでもギリギリという事もありますが、節約できる部分を節約しながら皆なんとかやりくりしています。

 

少ない金額でもお小遣いがあれば、必要な物を買ったり、時には仕事帰りに飲みに行ったりもできます。
しかし浪費癖のある人は、お金がないのにギャンブルや買い物をしたくなってしまいます。
普通に考えたらお金がないなら我慢するのですが、浪費癖のある人はある意味病気と同じなので、我慢ができません。

 

生活費をギャンブルや買い物に使ってしまう事もあれば、貯金に手をつけてしまう人もいます。
余裕があるうちはいいのですが、そのうち貯金も底をつき、今度は借金をするようになります。
カードがあればキャッシングやショップングができますので、限度額まで使い切るのも時間はかかりません。
払える宛があればなんとか対処できますが、そのうち借金が膨らみ生活を圧迫し始めます。
お金がないと心に余裕もなくなってしまいますし、夫や妻がどんなに頑張って働いても、どちらかが浪費癖を治さない限り、生活にも影響してきます。
お金の事で毎日喧嘩となり、浪費癖を責められると逆ギレして暴力を振るう事もあります。
こうなってしまうと夫婦間も溝も大きくなりますし、借金に追われる生活は精神的にも消耗しますので結婚生活を継続するのが難しくなり、離婚に至るのです。
贅沢三昧の生活は無理でも、安心できる生活を送るにはお金が必要です。
見極めは難しい部分がありますが、結婚前に金銭感覚や価値観については話し合っておく事も大切です。

↓↓↓離婚財産分与で家の売却価格を知りたい方はこちら↓↓↓


ホーム RSS購読 サイトマップ