離婚理由

離婚理由ランキング4位 DV(暴力・言葉の暴力)

離婚理由ランキング4位 DV(暴力・言葉の暴力)

↓↓↓離婚財産分与で家の売却価格を知りたい方はこちら↓↓↓

 

夫婦が離婚をするにあたり、そうなる原因も実に様々ですが、ここ数年で増えているように思われるのがDVが原因となるケースです。
ドメスティックバイオレンスの略ですが、DVは叩いたり蹴ったりという直接的な行為以外にも、言葉の暴力なども含まれます。
DVが原因で離婚する場合は、夫が妻に暴力を振るうというケースが多いのですが、逆もあります。
DVに関しては家庭内で行われる事もあって、周囲の人が気づきにくいのも問題視されています。
叩いたり蹴ったりする時、顔や手足のように傷や字が目立つところを避け、見えない部分を敢えて選ぶ確信犯もいます。
最初は酔った勢いや、たまたま機嫌が悪かっただけ、自分が余計なことを言って怒らせてしまったからなど、自分に都合よく解釈してしまう人もいます。
しかしDVをするような人はそういう本質を持ち合わせている人ですから、たまたまという事はなく、次第に暴力が増えていきます。

 

たとえ夫婦喧嘩がエスカレートした上でのDVであっても、相手に怪我をさせれば傷害罪という立派な犯罪になります。
言葉の暴力の場合はレコーダーなどに録音しておかない限り証拠が残せませんが、DVは傷跡として残るので、我慢せず助けを求めるのが一番の解決策です。

 

DVは離婚の原因としても認められていますので、証拠を残すのもポイントです。
すぐに離婚が無理な場合は別居という形を取る事もありますが、DVの加害者は相手に執着する傾向があるので、この場合はDV保護法で定められている保護命令や裁判所に接近禁止命令の申し立てをしておくと安心です。

 

しかし厄介な事に、言葉の暴力を含めDVの被害者は相手に洗脳されやすい傾向があります。
暴力を受けても自分が悪いと思い込んだり、暴力を振るった後は人が変わったように優しくなったりという特徴もあるため本当は優しくていい人だと思い込んでしまうのです。
ある意味洗脳された状態になりますが、優しい人は暴力を振るいません。
自分が我慢すればいいと考える人もいますが、暴力がエスカレートして命を落とすケースもあるので、我慢せずに逃げ出すのが一番です。
DV被害にあっていても逃げ場所がないいともいますが、そういう人のためのシェルターに行けば匿ってもらえます。
子供がいる場合は暴力が子供に向く可能性もありますから、身の危険を感じて離婚を決意する人もたくさんいます。
DVが原因の離婚は消して少なくありませんが、なかなか当事者同士では解決できないため、第三者に介入してもらう必要があります。

↓↓↓離婚財産分与で家の売却価格を知りたい方はこちら↓↓↓


ホーム RSS購読 サイトマップ