離婚理由ランキング

離婚理由ランキング1位〜5位とは?

離婚理由ランキング1位〜5位とは?

↓↓↓離婚財産分与で家の売却価格を知りたい方はこちら↓↓↓

 

熟年離婚なんていう言葉が注目を集めているように、日本でも離婚をする夫婦の数は増加傾向にあります。
なぜ離婚することになったのか、その具体的な理由はなんなのでしょう。
ここでは離婚理由として多い理由をランキング形式で紹介していきます。

 

性格の不一致

離婚理由として圧倒的な割合を占めるのが性格の不一致です。
交際していた時には見えなかった部分が結婚すると見えるようになり、その積み重ねが夫婦仲を冷めたものにしてしまう形です。
ある程度の期間はお互いが我慢するのですが限界に達した時に離婚という決断をすることになるようです。
熟年離婚も性格の不一致が原因だと言えるでしょうか。
特に女性から見て男性は結婚すると変わってしまうと感じられるようで、妻の方から離婚を切り出すケースも少なくありません。

 

不倫・浮気

これも離婚理由として代表的なものです。
長い結婚生活を送るうちに恋愛感情がなくなり、やがて他の異性と関係を持つようになってしまう、こんな方もたくさんいます。
不倫や浮気というと男性がするイメージが強いですが実際には女性側がすることも多く、不倫相手、浮気相手と再婚したいから離婚するという夫婦が増えてきています。

 

義理の親との関係

夫の親、妻の親と良い関係が築けず、これが離婚理由になってしまうこともあります。
特に義理の親と同居する場合は毎日一緒に生活しなければならないので良好な関係を築けないとかなりのストレス要因になってしまいます。嫁と姑の関係がよく取り沙汰されますが夫が妻の親との関係に悩むケースもあり、結婚相手のことは嫌いではないが義理の親との生活に耐えられないと離婚を決意するようになります。
結婚は2人だけの問題ではないことがよくわかる理由です。

 

DV

いわゆる家庭内暴力のことで、特に妻が夫から暴力を振るわれていることが多く見られます。
最初のうちはたまたま機嫌が悪かっただけ、こちらに原因があると我慢しても頻繁な暴力を受けることで結婚生活は破綻します。
最近では妻が夫に言葉の暴力を与えることで夫側が精神的に大きなダメージを受けてしまい離婚することも増えています。
暴力は肉体的なものだけとは限らないのです。

 

浪費癖

ギャンブルや必要以上の買い物など、とにかくお金を浪費してしまう、これも離婚理由として多く見られます。
結婚生活では経済的な安定は必要不可欠で、ともて大切な部分です。
浪費癖がある夫や妻との生活では経済的な安定は見込めず、常に逼迫した状況が続きます。
お金のことが原因で毎日ケンカするようになったり、最悪の場合は家庭内暴力へと繋がります。
将来への不安も生まれることから離婚を考えるようになるわけです。

 

以上が離婚理由の上位5つになります。
結婚生活を長く続けるためにはお互いのことをよく知り、時にはしっかり話し合いをして問題の解決を目指すことが大切になるでしょう。

↓↓↓離婚財産分与で家の売却価格を知りたい方はこちら↓↓↓


ホーム RSS購読 サイトマップ