離婚理由で多いもの

離婚理由で多いものは何ですか?

離婚理由で多いものは何ですか?

↓↓↓離婚財産分与で家の売却価格を知りたい方はこちら↓↓↓

 

男女とも離婚の理由として最も多いのは性格の不一致だといわれています。
人それぞれ育った環境が違いますし、経験してきたことも異なるので性格が違って当然です。
それを分かった上で結婚したのにも関わらず性格が合わないという理由で離婚してしまうケースが非常に多いのが現状です。
ただし、性格の不一致はただ性格が合わないという理由だけではなく、様々な理由がその中に含まれているので意味合いが幅広いです。

 

よくあるのが勢いで結婚してしまって後から性格が合わないと気付くケースです。
結婚して初めて一緒に生活をするというカップルも多く、その時に初めて気づくことがたくさんあります。

 

一緒にいる時間が長くなると今までは分からなかった相手の嫌な部分がどんどん見えてきてしまいます。
最初はそれでも我慢して生活をできますが、だんだん一緒にいること自体が苦痛になり、やがて些細なことでもケンカをはじめ、最終的に離婚をするということが多いです。
また、結婚と恋愛が全くの別物ですがそのことをお互いが理解せずに結婚してしまって共同生活が窮屈に感じ、離婚するという場合もあります。
独身の頃は自分だけのことを考えればいいだけでしたが、結婚後の生活は相手のことも考えないといけないのでそこにストレスを感じることもあるでしょう。

性的不満も多くなってきている

離婚理由として多くなってきているのが性的不満によるもので、セックスレスが原因で別れてしまうカップルも珍しくありません。
これも性格の不一致と似ている部分があり、後からお互いの性的嗜好に気づかされることが多いです。
恋人同士の頃は求めてこなかったことを結婚を機に求めるようになったり、自分の性的嗜好を相手に強要するようになる人がいます。
そこで結婚前とのギャップを感じてしまって、セックスをするのが嫌になり、セックスレスになるというケースも少なくないです。

 

またどちらかがセックスを拒否するようになってそこからセックスレスに発展することもあります。
セックスレスは子供が欲しいと思っている人からすると結婚生活において致命的な問題です。
この先もずっとセックスレスが続くということは子供ができないということなので、将来を見据えて早めに離婚する人も多いです。
特に女性の場合、高齢になればなるほど出産の危険が増してしまうので早めに子供を産んでおきたいと考えるのは普通のことです。
性的不満が理由での離婚が裁判で認められるケースもあるので決して軽視してはいけません。
日常生活はもちろん、性生活においても相手のことを考えるというのが離婚防止に繋がるのではないでしょうか。

↓↓↓離婚財産分与で家の売却価格を知りたい方はこちら↓↓↓


ホーム RSS購読 サイトマップ