離婚理由がない場合の別居

離婚理由がない場合の別居は何年必要ですか?

離婚理由がない場合の別居は何年必要ですか?

↓↓↓離婚財産分与で家の売却価格を知りたい方はこちら↓↓↓

 

離婚理由がない場合、どのくらい別居すれば別れることができるのか気になっている人もいるでしょう。
よく3年なら大丈夫とか5年であれば問題ないという噂を聞くことがあると思いますが、それは噂には過ぎません。
何年別居すればいいという決まりはないですし、別居期間が長いからといって自動的に別れることができる訳でもないです。
別居期間が短くても裁判で離婚が認められる場合がある一方で、期間が長くても認められない場合もあるので一概に何年必要とはいえません。
ただし、ひとついえるのは別居期間が長くなればなるほど婚姻関係が破綻していると判断されやすくなるということです。

 

逆にいうと別居期間があまりにも短い場合は婚姻関係がまだ修復できる可能性があると判断される可能性があるため、離婚するのは難しいです。

 

もし、法的な離婚理由があるのであれば、別居年数が短くても離婚できる可能性は高いです。
例えば、配偶者が浮気をしてそれを認めている場合は不貞行為に当たりますし、配偶者が家族を捨てて愛人の家で生活を始めたという場合は悪意の遺棄に当たるため正当な離婚理由です。
こういった場合は別居期間とは関係なく、離婚できる可能性があると考えてください。

別居をしても離婚できない場合もある?

別居を長期間しているからといって絶対に離婚できるという訳ではありません。
別居期間が5年経過ほどあれば裁判で離婚できる可能性が高くなるといわれていますが、離婚原因が自分にある場合、離婚によって配偶者や子供が生活できなくなる場合などは5年経過していようとも離婚できないケースもあるので5年という数字はあてにしない方がいいです。
また別居中に異性と浮気をしている場合も5年では離婚できない可能性がありますし、同居期間が短かった場合は別居期間が短くても離婚できることがあります。
人によって必要な別居期間は大きく異なるので、詳しくは弁護士や行政書士に相談された方がいいでしょう。

 

ただ、長期間の別居で離婚を狙う前に離婚理由が本当にないのかをもう一度考えるというのも大切です。
自分の中では離婚理由がないと思っていても弁護士や行政書士に相談してみると離婚理由が見つかるというケースもあります。
そこで法的な離婚原因を見つけることができれば、わざわざ長期間別居する必要がありません。
まずはどうして離婚をしたいと考えるようになったのかを思い出してみることから始めてください。
思い出しているうちに法的な離婚理由に該当するものが出てくるかもしれません。

↓↓↓離婚財産分与で家の売却価格を知りたい方はこちら↓↓↓


ホーム RSS購読 サイトマップ