離婚手続きにおいて弁護士と行政書士の使い分け

離婚手続きにおいて弁護士と行政書士の使い分けとは?

離婚手続きにおいて弁護士と行政書士の使い分けとは?

↓↓↓離婚財産分与で家の売却価格を知りたい方はこちら↓↓↓

 

離婚手続きにする場合、弁護士や行政書士に依頼することになるでしょう。
一般の人からするとどちらも同じような職業に感じるため、どちらに依頼しても同じだと考えてしまいがちですが、できることとできないことがあるのでその違いを理解した上で使い分けるようにしてください。
協議離婚の場合は弁護士ではなくて行政書士でも問題ありません。

 

行政書士の方が弁護士よりも依頼費用が安い傾向があるのでわざわざ弁護士に依頼するのはもったいないです。
既に配偶者が弁護士を立てている場合や裁判が既に始まっている場合、夫婦の話し合いに同席して欲しかったり、仲裁をして欲しい場合、代理人になって話を進めて欲しい場合などは行政書士ではどうすることもできないので弁護士に依頼してください。
行政書士ができることは協議離婚の時だけになります。

離婚の手続きだけなら行政書士がおすすめ

弁護士でも行政書士でも離婚の手続きはしてくれますが、少しでも費用を抑えたいのであれば行政書士がおすすめです。
手続きだけなら行政書士でも問題なく行ってくれるので弁護士に依頼する必要はありません。
弁護士と行政書士では同じ離婚の手続きを依頼しても費用が異なり、行政書士の方が安いです。
その他に何か依頼することはできませんが手続きだけなら行政書士で十分です。
離婚の準備を始めるとなると何かとお金がかかってしまうので無駄な費用を使いたくないのが本音だと思います。
仮に離婚が認められたとしてもこれからは一人で生きていかないといけないので仕事をしていない人だと大変な生活が待っています。
それに追い打ちをかけるように離婚の手続きの費用が高いと今後の生活に大きな影響を与えます。
またいきなり裁判に発展してしまった場合、弁護士を雇うことになりますし、他にも色々な費用がかかってしまいます。
そういった今後のことを考えた場合、離婚手続きの費用を最小限に抑えておいた方が自分のためです。

 

金銭的に余裕がある場合は弁護士に依頼しても問題ありませんが、不安を感じているのなら無理に弁護士に依頼する必要はないので行政書士にお願いした方がいいでしょう。

↓↓↓離婚財産分与で家の売却価格を知りたい方はこちら↓↓↓


ホーム RSS購読 サイトマップ