離婚の相談は弁護士と行政書士どちらがよい

離婚の相談は弁護士と行政書士どちらがよいですか?

離婚の相談は弁護士と行政書士どちらがよいですか?

↓↓↓離婚財産分与で家の売却価格を知りたい方はこちら↓↓↓

 

離婚の相談をしたいと考えた時、弁護士と行政書士どちらにお願いすればいいのか迷われることもあるでしょう。
素人からするとどちらも同じに思えてしまうので、なんとなく費用が安い行政書士に相談する人も多いはずです。
しかし、自分が少しでも優位になるように裁判で話を進めたいという場合は弁護士がおすすめです。
配偶者と離婚について裁判で争うような状態だと行政書士に依頼しても対応してもらうことができません。
そのため、行政書士に依頼している最中に裁判で争うことになってしまうと後のことは弁護士に頼るしかありません。
それであれば、最初から弁護士に離婚の相談をした方が早いという考え方もできます。

 

そして、弁護士は依頼主の利益を最大限に考えてくれるというのも非常に大きなメリットです。
少しでも財産を多く欲しい、慰謝料を少しでも多くもらいたい、親権を相手に渡したくないといった強い希望がある場合、弁護士に相談することによってその願いが実現するかもしれません。
当事者同士で離婚の話し合いをしているとストレスが溜まりますし、気が滅入ってくることが多いです。
こういった場合でも弁護士に相談していれば、自分の代わりに配偶者と交渉をしてくれるので強いストレスから逃れることができます。

弁護士に相談するデメリットは?

離婚の相談を弁護士にお願いするメリットはたくさんありますが、デメリットもあるというのを理解しておきましょう。
弁護士に相談する一番のデメリットはそれ相応のお金がかかってしまうことです。
行政書士の場合、できないこともありますが、弁護士に相談するよりもずっと安いです。
経済的にそれほど余裕がなくても依頼できるので弁護士と比較すると敷居が低く利用しやすいです。
一方、弁護士の場合は報酬が高額なのでお金を持っていないと依頼することができないので、ある程度経済的に余裕がないと難しいです。
仕事をしていない人だと相談はできても依頼できないというケースが多いです。
お金はないけど弁護士に相談したいという場合は相談無料という事務所や費用の分割また後払いに対応している事務所もあるので、そういったところを探した方がいいでしょう。

 

またお金云々ではなく相談すること自体の敷居が高く感じるという人も多いのではないしょうか。
行政書士の場合は町の法律家といわれるほど身近な存在ですが、弁護士となると特別な存在に感じますよね?
そのため、相談したいと考えていても気軽に相談することができず、それならと行政書士にお願いする人も珍しくありません。

↓↓↓離婚財産分与で家の売却価格を知りたい方はこちら↓↓↓


ホーム RSS購読 サイトマップ