法的な離婚理由

法的な離婚理由がなければ離婚はできないのですか?

法的な離婚理由がなければ離婚はできないのですか?

↓↓↓離婚財産分与で家の売却価格を知りたい方はこちら↓↓↓

 

別れたい理由が法的な離婚理由に該当していない場合、離婚するのは基本的に難しいと考えていいでしょう。
結婚とは恋愛とは異なり、様々な責任が生じるので相手のことが嫌いになったとか自由になりたいといった理由だけでは別れることができません。
もちろん、配偶者も離婚したいと思っているのであれば話は別で、その場合は離婚理由がなんであれば別れることはできます。
そのため、法的な離婚理由がない場合は双方の話し合いでしか別れることはできないと思ってください。
この場合だとどうしても別れたいのなら配偶者とじっくりと話し合いをして相手を納得させるしか方法はありません。

 

このまま一緒に生活をしていても子供のためにならない、一緒にいてもお互いの将来に何もメリットがないといったことを理解してもらうしかないのです。

 

もし、それでも納得してもらえない場合は別居という選択肢もあります。
一度別居して一人になることでお互い冷静になり、考え方が変わる場合も少なくありません。
配偶者が離婚を前向きに考えることもありますし、自分の考えが変わり生活を続けたいと思うこともあるでしょう。
どちらにしろ正当な離婚理由がないと裁判に起こしたところで認められることはないので、配偶者との話し合いが不可欠です。

婚姻を継続しがたい重大な事由に該当すれば離婚できる可能性も

離婚原因が仮に婚姻を継続しがたい重大な事由に該当するのであれば、裁判で離婚が認められます。
婚姻を継続しがたい重大な事由とは結婚生活が既に破綻していて関係を修復できないような場合です。
例えば、別居生活が何年も続いており、結婚生活が完璧に破綻している場合は認められるかもしれません。
よくある嫁姑問題が婚姻を継続しがたい重大な事由に該当する場合もあります。
ただ配偶者の両親と性格が合わないだけでは難しいですが、配偶者がそのことを理解せず関係の改善に協力してくれない場合などは離婚理由として認められることもあります。

 

配偶者から嫌がらせを受けていたり、暴力を受けている場合なども離婚理由に該当しますが、双方の言い分に食い違いが起こりやすいので証拠が必要になると思ってください。
暴力を受けて怪我をしたのであれば、病院に行って診断書をもらうとか怪我をしたところを写真に残しておくといったことをしてください。
何が婚姻を継続しがたい重大な事由するのかは素人では判断できないため、弁護士や行政書士に相談した方がいいです。
もしかすると自分が離婚理由に該当しないと思っているだけで本当は該当している可能性だってあるので念のために確認しておいた方がいいです。

↓↓↓離婚財産分与で家の売却価格を知りたい方はこちら↓↓↓


ホーム RSS購読 サイトマップ