夫が生活費を入れない

夫が生活費を入れない場合は離婚理由にあたりますか?

夫が生活費を入れない場合は離婚理由にあたりますか?

↓↓↓離婚財産分与で家の売却価格を知りたい方はこちら↓↓↓

 

結婚とは夫婦が助け合って続けていくものなのでそれを放棄したり、拒否するような行為が配偶者にある場合は離婚理由にあたります。
これを民法上で悪意の遺棄と呼び、夫が生活費を入れない場合はこの離婚理由によって離婚が認められます。
共働きをしていて夫と同じくらいの収入があるのであれば、生活をすることはできるかもしれませんが専業主婦だとまともな生活ができません。
特に子供がいる家庭だとお金がかかるので、自分だけではなく子供にも不自由な思いをさせることになります。
こういった事態を防ぐために夫婦には生活保持義務というのがあり、生活に必要な費用を分担しないといけない決まりがあります。

 

これは立場が逆でも適用されるため、妻が生活費を入れない場合も生活保持義務を無視していると判断され、離婚理由の悪意の遺棄に該当します。

 

また生活保持義務は別居中にも適用されるので、別居している配偶者や子供にも生活費を渡す必要があります。
このように生活費を入れないことは法的にも問題があるので、生活費を入れてくれないことが原因で離婚したくても相手が応じてくれない場合は裁判を起こすというのもひとつの方法です。
そして、同居していなくても単身赴任中の夫が生活費を渡してくれない場合も悪意の遺棄に該当します。

生活費をもらえなくても悪意の遺棄にならない場合もある?

基本的に生活費をもらえない場合は悪意の遺棄になりますが、だからといって絶対になるという訳ではありません。
何か特別な理由があり、配偶者に生活費を渡すことができない場合もあります。
例えば、浪費癖が激しくて生活費を渡すと全て娯楽やショッピングに使ってしまうため、夫がお金を管理している場合は悪意の遺棄に当たらないでしょう。
この場合、言われるがままに生活費を渡してしまうと生活が困窮する可能性があります。
さすがにこういったケースは妻に責任があると判断されるので離婚することは難しいです。

 

また十分な生活費をもらっているのにも関わらず、それでも足りないから離婚したいというのも法的な離婚理由にはなりません。
極端に少ない場合は該当する可能性はありますが、明らかに生活できる分の生活費を入れている場合は悪意の遺棄に該当しません。
夫婦は助け合って生活をしないといけないので、片方の収入だけで生活費できない場合は共働きという選択肢を選ぶのが普通です。
生活費はもらえているが配偶者が家に帰ってこなかったり、家出を繰り返している場合は離婚原因になります。
現状が悪意の遺棄に当たるのか確認したい場合は弁護士などの法律家に相談されてください。

↓↓↓離婚財産分与で家の売却価格を知りたい方はこちら↓↓↓


ホーム RSS購読 サイトマップ