決定的な浮気の証拠

決定的な浮気の証拠がありませんが離婚理由になりますか?

決定的な浮気の証拠がありませんが離婚理由になりますか?

↓↓↓離婚財産分与で家の売却価格を知りたい方はこちら↓↓↓

 

配偶者の浮気が原因で離婚したい場合は不貞行為を立証しないといけないので証拠は必ず必要になります。
ただ相手も浮気を認めていて離婚しても構わないと思っているのであれば証拠は不要です。
その場合は裁判を起こさなくてもスムーズに別れることができるはずですし、弁護士を交えることで慰謝料や親権の問題で揉めることもないでしょう。
しかし、相手が浮気を認めなかった場合は必ず証拠が必要になり、これがないと不貞行為を立証することができないので離婚を認めてもらうのは難しいです。

 

そもそも不貞行為とは配偶者が異性と肉体関係を持つということなので、ただ一緒に出かけたり、手を繋いだ程度では該当しません。
あくまでも肉体関係があったかどうかが重要になるため、そこを証明する必要があります。
さらにいうと仮に配偶者が浮気をしていても夫婦関係が既に破綻していたのであれば、離婚理由になりません。
浮気が原因で夫婦関係が破綻したというのがポイントになるので、浮気と夫婦関係の因果関係が認められない場合は不貞行為によって離婚することはできないのです。
ただ、不貞行為よりも離婚できる可能性が少なくなりますし、慰謝料が取れないケースもありますが浮気の証拠がなくても婚姻を継続し難い重大な事由で離婚を請求することは可能です。

裁判で有効な浮気の証拠とは?

不貞行為を立証するためには何かしらの浮気の証拠が必要になり、証拠が多ければ多い方が優位になります。
最も有効なのが写真やビデオといった映像で、配偶者が異性と何度もラブホテルに出入りしている映像があれば証拠になります。
ただ、配偶者が異性の部屋に出入りしている映像だけでは証拠と呼ぶのが難しいです。
また1回限りの映像では浮気の証拠としては不十分なので離婚が認められないケースが多く、何度もラブホテルに出入りしている映像が必要です。

 

意外と証拠として認められないのが携帯電話やパソコンの電子メールです。
電子メールがきっかけで配偶者の浮気が発覚する場合が多いですが、不貞行為の証拠になることはまずありません。
交際していたことは事実として認められますが、そこから不貞行為があったかどうかは憶測になってしまいます。
しかし、証拠がないよりはいいですし、配偶者が浮気を認めているのであれば証拠になるのでプリントアウトしておいた方がいいです。
裁判で使用できるような浮気の証拠をなかなか入手できない場合、よく利用されているのが探偵や興信所です。
こういったところに依頼すると浮気の証拠を集めてくれるので、自分で探すよりも確実性があります。

↓↓↓離婚財産分与で家の売却価格を知りたい方はこちら↓↓↓


ホーム RSS購読 サイトマップ