離婚理由

離婚理由【法的に離婚が可能な条件】

HOME/離婚理由

↓↓↓離婚財産分与で家の売却価格を知りたい方はこちら↓↓↓

 

夫婦で話し合っても離婚が成立しない場合、調停・裁判に発展することがありますが、その時に重要になるのが民法で定められた離婚理由に該当するかどうかです。
法的に定められた離婚理由に該当しないと裁判をしても別れることは難しいと考えてください。

 

まず、不貞行為や悪意の遺棄、3年以上の生死不明、回復の見込みのない強度の精神病のいずれかが該当する場合は離婚原因として認められます。
不貞行為とは浮気のことでパートナーが他の人と不適切な関係を持った場合、離婚を請求することができます。

 

ただ不貞行為があっても結婚生活に影響を与えていないと離婚が認められないこともあるので、パートナーの浮気が原因で結婚生活が破綻してしまったというのが前提になります。
悪意の遺棄とは共同生活を拒むような行為のことで、例えば夫が生活費を家庭に入れない、夫が妻に暴力をふるうため一緒に生活ができない、妻が家出を繰り返すといったものが該当します。
仕事の出張で一緒に生活ができない場合や病気を治すための別居はこれに含まれません。
また、パートナーが3年以上生きているのか死んでいるのか分からない場合や今後回復する見込みがない精神病を患わっている場合も離婚原因として認められます。

婚姻を継続しがたい重大な事由とは?

民法で定められた離婚理由に婚姻を継続しがたい重大な事由というのがあり、これに該当すれば不貞行為や悪意の破棄などがなくても離婚できる可能性はあります。
例えば、自分だけではなく配偶者も離婚したいと考えている場合、配偶者から度重なる暴力や虐待を受けている場合、配偶者が宗教にのめりこみ家庭を放棄している場合、配偶者が多額の借金をしたり、浪費癖が強くて生活ができない場合などは婚姻を継続しがたい重大な事由に該当します。
この他にもセックスレスや性格の不一致、配偶者の親族との関係が悪くこのまま結婚生活を続けるのが難しいという場合も婚姻を継続しがたい理由に当てはまります。

 

そして、婚姻を継続しがたい重大な事由で離婚するには他の離婚理由よりも難しい傾向があります。
婚姻を継続しがたい重大な事由以外の離婚理由はハッキリしていますが、婚姻を継続しがたい重大な事由は基準が曖昧です。
自分の中では結婚生活を続けることができない重要なな問題でもそれが認められないことは多々あります。
特に性格の不一致で別れたいと思った場合、嫌いになったからという理由では離婚は認められません。
婚姻を継続しがたい重大な事由に該当するかどうかは自分で判断するのが難しいので法律家に相談された方がいいでしょう。

離婚理由がないがどうしても別れたい方へ

法的な離婚理由に該当しないと相手方の承諾なしには離婚は成立しません。例え調停や裁判を起こしても同じことです。稀に離婚理由なしに弁護士を利用して裁判をされる方がいますがとんだ間違いです。もし、裁判判決で離婚ができない判決でも下りようものならそれこそ大変なことです。同居義務違反で慰謝料請求の対象にもなりかねません。

 

では、法的な離婚理由がない場合にはどのようにすればよいでしょうか?
法的な離婚理由がない場合は、何でも法的に物事を考えないことです。どういうことかと申しますと、まずは家を勝手に出て行ってしまうか、パートナーを家から追い出すことです。(鍵を勝手に替えてしまうなど)そんなことしていいの?と思われたでしょうか。もし思われたとしたらその甘さが離婚に至らない原因なのです。離婚するにはパートナーに徹底的に嫌われるか、パートナーが嫌がることを徹底的に行うことです。そうすることで配偶者は、あわよくばという気持ちすらもてなくなり結果的に諦めていくのです。

 

よくある話として、別居はしているがメールや電話でその後もやり取りを行っているケースです。このケースですと、別居している意味がなくなってしまいます。相手の気持ちを折る目的で別居しているにも関わらず、会話が続いているのでその効果が無くなってしまうのです。徹底的に何を言われようと無視をする強い意志が必要です。相手の言動に反応してはいけないのです。

 

そして、別居に成功したら次に弁護士を通して離婚話をしてもらうのです。ポイントは弁護士を雇っても調停や裁判は決して行わなず、内容証明で離婚条件のみを伝えるのです。弁護士を通すことでパートナーには本人と話せない状況を作り出し、諦めるのを根気よく待つのが最善の策です。

離婚理由がなくどうしても別れたくない方へ

法的な離婚理由がない限りあなたの承諾なしに離婚が成立することはありません。但し、性格の不一致により配偶者が勝手に家を出ていき3年〜5年が経った場合には婚姻関係の破たんとみなし裁されてしまうと裁判で認められてしまいます。またその間、こちら側に不貞行為、生活費を入れない、暴力などの落ち度がある場合はあなたの承諾がなくとも裁判されれば勝ち目はありません。

 

このように法的な離婚理由がなくとも、残念ながら相手の気持ちを取り戻さない限り離婚は時間の問題なのです。パートナーはなぜあなたをそこまで嫌ってしまった理由は何でしょうか?言葉よりも行動で示してください。これ以上、どんな言葉を投げかけてもおそらくパートナーの耳には届きません。おそらく余計嫌われるだけです。結果を出してから話を持ちかける必要があります。
たとえ気持ちが離れていても形式的に結婚していればよいとお考えであれば弁護士に相談して徹底抗戦するのもよいかもしれません、しかし、元のように仲良くなりたいという理由での弁護士に相談することは無意味です。

↓↓↓離婚財産分与で家の売却価格を知りたい方はこちら↓↓↓


ホーム RSS購読 サイトマップ